溶存酸素について

オゾンが分解して豊富な酸素水に変わる

当社の熟成オゾン水は、生成後時間が経過すると溶存酸素濃度の高い無菌酸素水(※)になります。
無菌酸素水で栽培した植物は酸素を多く吸収するため、生育促進の効果がある事が解りました。
※無菌酸素水とは・・・熟成オゾン水中のオゾンが時間の経過と共に酸素に分解されてできた酸素水。オゾン殺菌処理のため「無菌状態である + 酸素が豊富に含まれている」ことから命名した
当社独自の機能水。



溶存酸素濃度測定結果

酸素濃度の最高値が22ppm以上(当社の測定範囲を超えた為)としていますが、希釈法による測定値では30ppm以上の濃度がある事を確認しています。
※水道水の溶存酸素濃度は10ppm前後です。

溶存酸素濃度22ppm以上測定結果

 見出しや下記表紙をクリックすると、お問い合わせページに入ります。
「お問い合わせ内容」欄に詳細を記入していただいた後、当社から送信いたします。

無菌酸素水によるイチゴ栽培実験結果では、無菌酸素水とマイクロバブル水でイチゴの生育比較を行った結果、無菌酸素水で育てたイチゴの根の方が新根が多く成長しており、それぞれの根が太く、長い事を確認しています。

根の生育促進に効果がある無菌酸素水

見出しや下記表紙をクリックすると、お問い合わせページに入ります。
「お問い合わせ内容」欄に詳細を記入していただいた後、当社から送信いたします。



切花の日持ち効果実験結果

無菌酸素水による切花の日持ち効果実験では、無菌酸素水と水道水で切花の外観の変化を比較した結果、無菌酸素水に活けた切花の方が、花・葉部共に枯れの進行が遅く、しっとりとしていた事を確認しています。

切花の日持ちに効果がある無菌酸素水

見出しや下記表紙をクリックすると、お問い合わせページに入ります。
「お問い合わせ内容」欄に詳細を記入していただいた後、当社から送信いたします。

ページト

ップへ



Copyright (c) リガルジョイント all rights reserved.