インフルエンザウイルス不活化効果

熟成オゾン水はインフルエンザウイルスに不活化効果あり! 実証試験データ

当社の熟成オゾン水は、A型インフルエンザウイルスに対する不活化(※1)効果試験の結果、99.9999%以上の不活化効果が確認されました。(財団法人 北里環境科学センター試験結果)

RGL熟成オゾン水(※2)でうがいや手洗いを行うことで、インフルエンザウイルスや感染菌を取り除くことができます。

※1 不活化とは・・・ウイルス感染性の消失(ウイルス学辞典より)。ここではオゾン水の効果でウイルスが活動できなくなること。

※2 RGL熟成オゾン水・・・当社の製品「熟成オゾン水生成システム(特許取得済み)」で生成することができます。

殺菌効果に優れる熟成オゾン水でうがいや手洗いを行うと、口腔内の雑菌を消毒すると共にA型インフルエンザの予防に大変効果的です。すでにインフルエンザ対策として注目され、病院や老人ホーム、企業や工場、学校などからホームページへのアクセスが相次いでいます。

「熟成オゾン水のA型インフルエンザウイルス不活化効果試験報告書」
見出しや下記表紙をクリックすると、お問い合わせページに入ります。
「お問い合わせ内容」欄に詳細を記入していただいた後、当社から送信いたします。

ページト

ップへ



Copyright (c) リガルジョイント all rights reserved.