オゾン活用のメリット

メリット
殺菌・脱臭・漂白・浄化効果がある
オゾンは酸素に自己分解するため、大気中に解放できる
細菌とウィルスに対する殺菌効果が大きい
オゾンによる殺菌では耐性菌を作らない
反応が表面に限定され、内部を変質させない
発生量、濃度をコントロールしやすく、取り扱いが安全
 

熟成オゾン水を社内で活用

当社では熟成オゾン水生成装置「オゾンの泉2」を社内に設置し、社員がいつでも自由に使えるようにしています。
朝出社してうがいや手洗いをしたり、飲み物として水筒に入れたり、汚れたふきんや雑巾を洗ったりと、たくさんの社員が熟成オゾン水を利用しています。
中には「苦手な人もいるかも知れないけれど、あの味が好き」とペットボトルにいれて毎日飲んでいる方もいます。
ここでは社員の声をご紹介します。

 

オゾン水でお茶を煎れるとおいしい!

社員が休憩時に熟成オゾン水(5ppm)を電気ポットに入れて98℃まで沸騰させて、お茶を煎れます。
社員からは、
「オゾン水で煎れたお茶はカルキ臭がしない、渋みがなくなって、甘みがあった」
「まろやかで飲み易い、茶葉本来の味が引き立つ」
「ポットにカルキが付着しなくなった」
との声が。
カルキ臭が抜けて、よりおいしくお茶をいただけます。

 

オゾン水でお米を炊くとご飯の香りと甘さがより一層引き立つ !

オゾン水の効果を調べるために、当社の熟成オゾン水でお米を炊く実験を行いました。
当社の熟成オゾン水(3.3ppm)で炊いたご飯と、水道水で炊いたご飯とで、味や食感にどのような違いがあるかを比較しました。
(作り方は、オゾン水の場合、濃度3.3ppmのオゾン水でお米をとぎ、30分間かけ流しにする。 水道水の場合、お米を規定量の水道水に30分間浸して浸漬を行う。)
炊き立てのご飯をおにぎりにして、社内試食・アンケートをとった(試食者には、どちらがオゾン水のおにぎりか知らない状態で、おいしさ、香り、甘さ、粘り、柔らかさ、つやなどの項目を回答してもらった)。
アンケートの集計結果から、「香り」、「甘さ」の項目においてオゾン水炊飯で作ったおにぎりを選択した人が多いことが分かりました。
これは、オゾン水でお米を炊くと甘み成分を引き出せる可能性がある事を示しています。
またその可能性には、お米に対するオゾンの浸漬率が関係していると考えられます。
オゾン水でさらにおいしくお米を炊く方法については、現在追求中です。

 

お風呂場のカビが消えた !

「お風呂場の茶色いカビに、持ち帰った熟成オゾン水をかけたら一瞬でサッと消えました。塩素系の薬剤を使うとしばらく塩素臭くてお風呂に入れないのが悩みでしたが、熟成オゾン水は使用後ににおいが残らなくて快適です。
塩素系の薬剤は混ぜるとキケンだと書いてありますし、あまり使いたくなかったんです。今では孫と一緒に入るのが楽しみになりました。それに熟成オゾン水で殺菌 した後はカビが生えなくなって驚いています。」
熟成オゾン水(濃度3〜4ppmほど)を会社でペットボトルに入れ、30分〜1時間持ち歩いたそうですが、効果は十分だったようです。(一般的にオゾンは分解しやすく、保存には向かないとされています。)

 

梅雨、ぞうきんのイヤなにおいが消えた!

「梅雨にぞうきんを洗って干していても、においが残るので気になっていました。でも熟成オゾン水で洗って干すと、においがしないんです。」
熟成オゾン水(濃度3〜4ppmほど)で流しながら洗ったそうです。繊維についた汚れや、においのもとに殺菌効果があったと思われます。

 

熟成オゾン水で手洗い・うがいができる !

「もともと免疫力が弱く、冬場に風邪を引きやすい体質なんです。だから熟成オゾン水で手洗い・うがいをして毎日気をつけてます。」
熟成オゾン水なら殺菌できて肌にも優しいですから、一石二鳥ですね。アルコール消毒と違ってあかぎれしない、手が荒れない点が好評です。昨年の新型インフルエンザが流行った時期(特に朝)、社内に設置している「オゾンの泉2」周辺は手洗い・うがいをする人で混雑していました。

 

無菌酸素水で新芽が生えた!

「自宅で大文字草という植物を育てています。ペットボトルで熟成オゾン水を持ち帰り、次の日の朝に水やりに使っていたら、二週間ほどで10枚も新芽が出てきました。酸素いっぱいでよく育っているようです。」
ペットボトル内で10時間以上保存したそうなので、熟成オゾン水は酸素を多く含む無菌酸素水になっていますね。
植物に酸素がたくさん供給され、生育促進効果があったようです。

ページト

ップへ



Copyright (c) リガルジョイント all rights reserved.